FC2ブログ

リトライ


Bittacus takaoensis
21 May. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/50秒

本日は昨年撮れたと思ったら翅が千切れていたクロヒメガガンボモドキのオス (過去記事) の写真を撮ってきました。

今年は出始めに撮ろうと思い、3週連続で週末に裏山へ行って様子を見ていました。2週間前はキシタトゲシリアゲを1個体確認、先週はプライアシリアゲとヤマトシリアゲをたくさん確認、今週はクロヒメガガンボモドキをたくさん確認できました。シリアゲムシ類はやや暗い林床を好むことに加え、ガガンボモドキ類は葉の縁などにぶら下がって止まるのでライティングがちょっと難しいです。そこでフラッシュの角度や強さ、シャッタースピードとISO感度、それから個体が止まっている位置を考えながら撮影します。

1876-2.jpg
Bittacus takaoensis
21 May. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/50秒

たくさんいたのでメスの写真も撮りました。よく見るとクモの糸に肢をかけています。

1876-3.jpg
Bittacus takaoensis
21 May. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/50秒

ガガンボモドキは華奢な体つきですが、生きている小さな昆虫類などを食べる肉食性の昆虫です。この写真のメスは小さなガガンボの仲間を捕食しています。

This hangingfly appears in spring to early summer. Last year, I couldn't take photos of male of this species. Today, I retried and it was success!

HP開設 MAGNIFYING GLASS

純淡水生のカニ


Geothelphusa dehaani
5 May. 2017. Tsurugi, Tokushima.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO500, F11, SS1/50秒

サワガニは純淡水生のカニで、プランクトン期を経ない直達発生を行う種群です。一般的に成体が陸域に棲んでいるカニ類もプランクトン期を海で過ごしますが、サワガニ類はその一生を陸域で過ごせるように進化しました。

体色は地域によって異なるようで、四国の個体は青色でした。

The fresh water crab.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

28/47


Panorpa fulvicaudaria
4 May. 2017. Saijo, Ehime.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO500, F11, SS1/50秒

1874_2.jpg
Panorpa fulvicaudaria
4 May. 2017. Saijo, Ehime.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F11, SS1/50秒

早春に出てくるキシタトゲシリアゲ。西日本の個体群は翅端近くの小暗紋が目立つ個体が多い気がします。これで日本産シリアゲムシ類47種のうち28種を撮影しました。

四国サンプリングは無事に終わり、なかなか良い結果が得られました。今月末はさらに西へ行く予定です。

We finished Shikoku Island sampling with really interesting results. We will publish this as soon as we can.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

27/47


Panorpa striata
4 May. 2017. Saijo, Ehime.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F11, SS1/50秒

1873_2.jpg
Panorpa striata
4 May. 2017. Saijo, Ehime.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO500, F11, SS1/50秒

四国固有キアシシリアゲ種群のスジシリアゲ。

This scorpionfly is the endemic species of Shikoku Island.

HP開設 MAGNIFYING GLASS
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ
博士 (理学)

昆虫類の分子系統地理や種分化などについて研究しています。週末は山にいることが多いです。ここではほとんど山や生きものの写真を掲載します。たまに研究の話しも書く予定です。

HP: TOMOYA SUZUKI WEBSITE
2015年5月2日開設

研究内容や写真使用の問い合わせに関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。
※画像の無断複写・転載を禁じます。

E-mail:
suzuki_t(a)shinshu-u.ac.jp (UNIVERSITY)
10.3.t.suzuki(a)gmail.com (PRIVATE)


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
TAGS

北アルプス  山行記録 Mecoptera サンプリング紀行 上高地 東北 槍ヶ岳 日本百名山 Orthoptera Ephemeroptera 錦帯橋 クモ類 Hemiptera 鳥取砂丘 中国地方 Coleoptera 分子系統解析 踊場湿原 草原 涸沢 紅葉 渓谷 霧ヶ峰 ノビタキ 島々谷 並行進化 コマクサ 燕岳 鳥海山 論文 

COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER