Butterfly


クジャクチョウ Inachis io
12 Mar. 2013. 長野県松本市

今日で3月も終わりかー。少し写真が溜まってきたので、季節はずれになり過ぎてしまう前に、越冬明けの蝶たちをまとめてアップしておきます。

PICT0060_20130313070441.jpg

PICT0129_20130313070408.jpg
テングチョウ Libythea celtis
12 Mar. 2013. 長野県松本市

テングチョウは早春から活動が始まって、個体数がとても多い。

PICT0225.jpg
キタテハ Polygonia c-aureum
12 Mar. 2013. 長野県松本市

本当はシータテハとかエルタテハも見たかった…とか言ったら怒られるかな。

この日はヒオドシチョウもいたのですが、まともな写真が撮れませんでした。残念。

Chipmunks


シマリス Tamias sibiricus
12 Mar. 2013. 長野県松本市

山道を歩いていたら視界の右側で何やら動いた…と思ったらシマリスでした。

PICT0174.jpg

PICT0179_20130313070341.jpg
シマリス Tamias sibiricus
12 Mar. 2013. 長野県松本市

今度はホンドリスに逢いたい。

Visitor



PICT0247.jpg

PICT0243.jpg
双翅目 Diptera sp.
12 Mar. 2013. 長野県松本市

フクジュソウの訪問者。

来年度の実験を妄想中…飼育実験が中心だから、あまり遠出はできないなぁ。
ってか早目にコオイムシを採集しに行かなければ。
でも土曜日はいつもの谷に行こうかなぁ。

Retry/The World



PICT0108_20130309123445.jpg
カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

2倍テレコンとストロボを使って取り直したかったもの。綺麗に撮れて大満足です!でも、やっぱりまだ練習が必要かな。もっと綺麗に撮れるはず。

--------------------------------------

で…やっぱりやってみたかったのはこれ。
昨日、やってやりましたよ…

走査型電子顕微鏡
Scanning Electron Microscope

SEMで撮ってみた!

SEM0.jpg

ひとまず全体像を…と思ったら入りきらないや。右の触肢はあきらめた。ポスター風に少しアレンジ。
次に口器を見てみよう…

SEM2.jpg
Bar=100μm

まず背面から…ほぉ。こんな風になっているのね。鋏角が素敵だー。

SEM3.jpg
Bar=100μm

どれどれ、別個体の口器を腹面から。ちょっと壊れてしまっているけど、鋏角の内側が櫛状になってるのが分かります。MEN IN BLACK の敵キャラとかで出てきそうな口してます。

SEM4.jpg
Bar=100μm

歩脚の先端はこんな風になっていたのね。爪が小さい。

SEM5.jpg
Bar=300μm

SEM6.jpg
Bar=100μm

鋏はこんな感じ。小さくて規則正しく並んでいるのを縁歯っていうのかな?そんで先端にあるデカいのが毒牙??

ちなみに、一眼レフで撮った個体と、SEMで背面から撮った個体と、腹面や付属肢を撮った個体で3個体を観察してます。もしかしたら別種なのかも…まぁ、少なくともパッと見の外部形態では違いは見つかりませんでした。

完全に趣味でSEMを使っちゃった。
完成した試料は来年度の学生実習のデモで使います。

そして…なんかやはり、SEMよりも生態写真の方がいいな (ここまでやっておいて酷い)。

Sunlight


クモ目 Araneae sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

小さくて同定を諦めてしまった…。でも、なかなか良い感じに撮れた…かな?

ところでブログの体裁を少し整えてみたのですが…拘ったところが細かすぎて最終的に殆ど変ってない感じになってしまった苦笑。しかも、一番大きく変えた部分は Windows では反映されないというこれなんということだな感じ。字の読みやすさとかフォントの綺麗さは、やはり Mac の方が断然いいですねぇ。一応、読んでもらいやすいように行間なんかを工夫してみました。

…まぁ、そんな心配が必要になるほどの訪問者はいないっすけどね!
いつかそうなる可能性も無きにしもあらずだし笑

Fitness


ラクダムシ亜目 Raphidiodea sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

 カニムシを探していたら見つけたラクダムシ類の幼虫。日本にはラクダムシとキスジラクダムシの2種がいますが、どっちかわからない。樹皮下で生活するので扁平な体型をしています。

Bow


シャクガ科 Geometridae sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

 お辞儀をするシャクトリムシ。

PICT0046_20130309123431.jpg
シャクガ科 Geometridae sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

 単眼がいくつかあります。完全変態類の幼虫はみんな基本的に単眼がいくつかあるのが基本ですが、複眼のようなものを持っているのがシリアゲムシ類とハバチ類の一部。シリアゲムシ類は自分の研究対象でもありますが、実際に生きた幼虫は見たことがありません。

PICT0024_20130309123429.jpg
シャクガ科 Geometridae sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

 こちらは背筋を伸ばしてピーンと立っています。

 しかし困った。以前にPCRしてバンドが出ていたサンプルをもう一度、電気泳動したら…バンドが見えないのがあるじゃないか!なぜ?どこへ行ったのだろう?ほっといたから家出したかな??しかたがないからもう一度PCRからやるか…。帰ってきて−。バンドがいないと論文にならないよー。

Japanese Grosbeak


イカル Eophona personata
7 Mar. 2013. 長野県松本市

 早朝から活動していたイカルさん。ごんぶと嘴がなんとも素敵です。しかし…ちょっと遠いよ。

Complacency


6 Mar. 2013. 長野県松本市

 本日でテレコン+ストロボ使用の試し撮り初日の最後の写真。ヨツモンヒメテントウを撮っていたらたまたま通りかかった小さな生き物…この写真ではヨツモンヒメテントウの右斜め下にいます。

PICT0183.jpg

PICT0184_20130306091214.jpg
アザミウマ目 Thysanoptera sp.
6 Mar. 2013. 長野県松本市

 アザミウマです。小さいものを撮りたいと思っていたので、最適な被写体でした。修行すればもうちょっとうまく撮れるようになるかな…。

 テレコンとストロボを使って思ったのは、ただ小さいものを撮るなら機材さえあれば誰でも撮れるということ。しかし、被写体が小さければその場面を見つけるのが難しく、なかなか撮影の機会がないかもしれないですね。あとは、如何にして生物オタクではない、普通の人にその生物が面白いか、美しいかを伝えるか?というのが重要なのではないかと思います。生物学者だけから「すごい!」と絶賛される写真も素晴らしいですが、やはり万人から美しいと言ってもらえるような写真が素敵だと思います。ただ撮るのではなくて、何かを伝えられる写真、面白い写真を撮ることを目指していきます。…なんて言ってみましたが、まだまだ自己満足の写真が多いです 汗

JAMP!!


ノミゾウムシ亜科 Rhynchaeninae sp.
6 Mar. 2013. 長野県松本市

 ノミという名前の通り、後肢で飛び跳ねるのだそうです。
PROFILE

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ

HP: MAGNIFYING GLASS
2015年5月2日開設

※画像の無断複写・転載を禁じます。
写真の使用に関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

E-mail:
10.3.t.suzuki@gmail.com


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER