FC2ブログ

GREEN


ツヤアオカメムシ Glaucias subpunctatus
31 Dec. 2011. 東京都小金井市

 今日で2011年も終わりです。
 久々に地元で写真を撮りました。ツヤアオカメムシで合ってると思います。本種はもともと南方系の種だったようですが、温暖化で関東でも見られるようになったのだとか。昨日、新宿の紀伊国屋とジュンク堂を回って自然系の写真集と生物系の専門書を買い漁っていたのですが、買わなかった本の中に「地球温暖化と昆虫」というのがありました。こいつも温暖化の影響で北上した種の1つですね。

What is Strong?

 街は賑やか。
 研究室のみんなも、それぞれ大切な人と過ごすのか、殆ど大学にいませぬ…

 今日は人のために撮ってみた写真。まぁ、前々から撮ってみたかったのですが、なかなかうまく撮れていなかったので、気合を入れて再チャレンジ。


24 Dec. 2011. 長野県松本市

 ベンチ!
 ではなくて、その下に生えている…

PICT0006_20111224163838.jpg
ギンゴケ Bryum argenteum
24 Dec. 2011. 長野県松本市

 ギンゴケ!
 …のさらにその中の生き物。
 もちろん、そんな小さなものは普通の一眼レフじゃ撮れませんから、研究室にある顕微鏡写真を駆使するわけですが。

 地球最強の生物。
 宇宙に行って宇宙空間に放り出されたってへっちゃら。
 でも世界中のどこにでもいる。
 あなたの家の、学校の、最寄駅のコケを顕微鏡で見たら出てくるかも…

DSC03002.jpg
オニクマムシ Milnesium tardigradum
24 Dec. 2011. 長野県松本市

 クマムシ!

 写真のオニクマムシは棲んでいるコケが雨などで湿っているときに活動しています。でも住環境 (コケ) が乾燥し始めると、自分も水分を出して tun (樽) 状態というのになって、休眠します。この tun 状態が凄いんですって。超高温 (151℃)・超低温 (-273℃)・高浸透圧・真空・放射線にも耐えられるのだそうです。強すぎ。この他にも凍眠・塩眠・窒息仮死なんてのも出来ます。こんなのをクリプトビオシス cryptobiosis (「隠された生命」) というのだそうです。
 目がポチっとあって、とぼけたカワイイ顔をしていますけど、実は凄いやつ。…ん?こんな写真撮ってくれなんて頼んでないって?…まぁ、そういうなよ!

Happiness


キシタトゲシリアゲ Panorpa fulvicaudaria
21 May. 2011. 長野県松本市

 先日の研究報告会では100を超えるポスター発表があったのですが、優秀発表賞を頂くことができました!サブテーマのシリアゲの話ですが…でも、とても嬉しかった!こんな賞を頂くのは初めてのことだったので、たいへん驚きながら、また頑張ろうと思いつつ呑みすぎてしまいました。そんで今日は研究室の忘年会…呑みすぎ注意ですね。
 賞を頂いたのはもちろん、指導教員の先生、サンプリングを手伝ってくれた研究室のみんな、サンプルを提供してくださった皆様、そして共同研究者でもある父親、自由に勉強させてくれている母親…これからも頑張ります。でも、賞を頂いて一番嬉しかったのは、「優秀賞とったよ!」とメールしたら返ってきた「おめでとうございます!」の一言。

 写真は5月にいつもの谷で撮ったシリアゲ。小型でカワイイやつです。

Beard


ヒゲコメツキ Pectocera fortunei
12 Jun. 2010. 東京都小金井市

 今日はうちの大学で行われる研究報告会でポスター発表です。今回、僕はポスター2枚発表なので、奇数番号の発表をした後、続けて偶数番号でも発表…休み時間なし。

 実家近くの神社でイシノミを探していたら見つけたヒゲ!立派なヒゲはもちろんオスです。メスは水分補給中。メスが動かないので、オスはどこにも行けません。

HUNTER

ハクサンツヤバチ
ハクサンツヤバチ Alysson japonicus
11 Jun. 2008. 東京都小金井市

 この狩り蜂はヨコバイを狩るのだそうです。しかし同じくらいの体サイズ (いや、むしろヨコバイの方が重そうかも…?) なのによく狩れるものです。ヨコバイは麻酔をされて、幼虫のエサになります。

SENSE


カワゲラ目 Plecoptera sp.
4 Oct. 2009. 長野県松本市

 忙しくてなかなか写真も撮れないし更新も出来ませぬ…でもいまは、データを出して論文を書く季節!頑張ろう。

 さて、久々ですが昔の写真です…
 写真や絵にはセンスが必要だと思っています。もちろん技術は練習しないと上がらないし、努力することで高みへ登っていくことが出来るでしょうし、センスもたくさんのものを「みる (見る そして 観る)」ことで磨かれる部分もあると思います。でも、「持って生まれた人」には勝てない部分も多いのではないかと、そう思います。人それぞれ、持って生まれたものがあるでしょうから、その部分を出していけばきっと魅力的になれる…でもそれだけではダメで、持っていない部分に関しても努力していかなければ、自分に甘いまま、サボってしまって、怒られる…バランスが重要。
 ここまで言っておいて何ですが…ちなみに僕は持って生まれた部分に頼ってしまう心の弱い人!不器用らしいです。写真とかノリで撮ってます。でもほら、ノリって重要ですよね!バランスとか言ったけど!

My Pace


ヒョウモンチョウ類 Argynnini sp.
29 Apr. 2010. 台湾南投県仁愛郷

 ふわふわとマイペースに飛ぶ蝶。B型?
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ
博士 (理学)

昆虫類の分子系統地理や種分化などについて研究しています。週末は山にいることが多いです。ここではほとんど山や生きものの写真を掲載します。たまに研究の話しも書く予定です。

HP: TOMOYA SUZUKI WEBSITE
2015年5月2日開設

研究内容や写真使用の問い合わせに関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。
※画像の無断複写・転載を禁じます。

E-mail:
suzuki_t(a)shinshu-u.ac.jp (UNIVERSITY)
10.3.t.suzuki(a)gmail.com (PRIVATE)


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
TAGS

北アルプス  山行記録 Mecoptera サンプリング紀行 上高地 東北 槍ヶ岳 日本百名山 Orthoptera Ephemeroptera 錦帯橋 クモ類 Hemiptera 鳥取砂丘 中国地方 Coleoptera 分子系統解析 踊場湿原 草原 涸沢 紅葉 渓谷 霧ヶ峰 ノビタキ 島々谷 並行進化 コマクサ 燕岳 鳥海山 論文 

COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER