そっくり


Hestina persimilis japonica
23 Nov. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F10, SS1/60秒

昨日のオオムラサキの幼虫と同じ場所にいたゴマダラチョウの幼虫。よく似ていますが、一度覚えてしまえば背部の突起の数で簡単に見分けることができます。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

越冬中


Sasakia charonda
23 Nov. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F10, SS1/60秒

この週末は菅平で研究セミナーでした。久々に色々な方にお会いして、来年度からの研究の話も少ししてきました。
写真は先々週に撮ったオオムラサキの幼虫。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

透き通るような


17 Sep. 2016. Yamanouchi, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO1600, F5.6, SS1/1600秒

何の幼虫かは分からないけれど、透き通るような鮮やかな緑でした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

夏の終わり


Papilio macilentus
4 Sep. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO400, F5, SS1/125秒

オナガアゲハ

自宅の裏山でひと夏を生き抜いて鱗粉も落ち、翅がボロボロのオナガアゲハに出逢いました。夏の終わりを感じます。井上陽水の「少年時代」のイメージ。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

魚虎


Stauropus fagi persimilis
20 Aug. 2016. Ina, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F16, SS1/60秒

シャチホコガ

先日、伊那でシャチホコガの若齢幼虫を見つけました。初めて見つけてちょっと感動。

DSC05698.jpg
Stauropus fagi persimilis
20 Aug. 2016. Ina, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F16, SS1/60秒

なんと言ってもこの不自然に長い中・後肢。チョウやガの仲間の幼虫 (イモムシ) は一般的に付属肢が短いですが、こいつは異様に長いです。こんなに面白い姿をした幼虫ですが、成虫はとても地味になってしまいます。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

変わった幼虫は変わったサナギになる

DSC02667.jpg
Curetis acuta paracuta
12 Jul. 2015. Otoyo, Kochi.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO250, F11, SS1/60秒

昨年撮ったウラギンシジミの幼虫。ツノが生えているように見えるのは頭ではなくお尻側で、頭部は反対にあります。本当に変わった形の幼虫で、面白いです。


Curetis acuta paracuta
27 Jul. 2016. Kiso, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F16, SS1/60秒

そしてこちらは先日見つけたウラギンシジミのサナギ。幼虫に負けないくらい面白い形だと思います。ドームみたい。変わった幼虫は変わったサナギになるにでした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

名は体を表す


Atkinsonia ignipicta
17 Jul. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO160, F11, SS1/60秒

セグロベニトゲアシガ

背中が黒くて紅色が入っている肢がトゲトゲした蛾。名前の通りの外見です。本種は山地のササの葉の上でよく見かけます。というのも幼虫がゴイシシジミと同様に、ササに付いているアブラムシ類を食べる肉食性のイモムシなのです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

いぶし銀

1652_2.jpg
Syngrapha ain
10 Jul. 2016. Ina, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/60秒

キシタギンウワバ

北海道と本州に分布しているようですが、本州では亜高山帯に行かないと見られません。後翅が黄色いので「キシタ」です。翅を閉じているときは目立たないですが、これはこれで渋くていい雰囲気。まさに「いぶし銀」でした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

木漏れ日の下で

1651.jpg
Artopoetes pryeri
11 Jul. 2016. Suwa, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/60秒

ウラゴマダラシジミ

外見はそんなに派手ではないですが、ゼフィルスの仲間です。比較的大きなシジミチョウで、なかなか印象的な蝶でした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

肉食系


Taraka hamada
10 Jul. 2016. Ina, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F6.3, SS1/60秒

ゴイシシジミ

この日、登山道に生えているササで成虫を何個体か見ました。きっとササコナフキツノアブラムシを探していたのでしょう。本種は成虫がササコナフキツノアブラムシの分泌物を吸い、幼虫がササコナフキツノアブラムシを食べるという、ササコナフキツノアブラムシに依存して生活する特殊な生態をもっています。幼虫が完全に肉食のチョウは日本ではゴイシシジミのみなのだそうです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ

HP: MAGNIFYING GLASS
2015年5月2日開設

※画像の無断複写・転載を禁じます。
写真の使用に関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

E-mail:
10.3.t.suzuki@gmail.com


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER