カニムシ


Chernetidae sp.
20 Feb. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F14, SS1/60秒

ヤドリカニムシ科の仲間。
いつも行っている谷の針葉樹の樹皮を少し捲ったら必ずでてきます。
この個体はかなり小さい個体でした。

DSC08961.jpg
Chernetidae sp.
13 Feb. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F11, SS1/60秒

こちらは撮影日は違いますが、同じ場所で撮影した大きな個体。
ヤドリカニムシの仲間が何かに便乗している写真を撮ってみたいけれど、遭遇したことがないです。
ネットでは写真が落ちていたりしますが…。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

大学構内のカニムシ


カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
2 Feb. 2014. 長野県松本市

明日が学位本審査ですが、暖かかったので少し息抜きに大学構内で写真を少し撮りました。
大学構内にはいつもの谷にいる種とは別種のカニムシがいます。腹部の体節間には太くて短い毛が生えていて、各付属肢や頭胸部にも万遍なくそのような毛があります。本業のサンプリングであちこち行く際にはあまり時間的な余裕がないので、遊びでフィールドに行くような時しか探せませんが、全国各地のサンプルを集めて遺伝子解析なんかをしたらきっと面白いだろうなぁといつも思います。そこんとこF大のO君に期待。

明日は10:00から本審査です。頑張ります。

蟹虫

PICT0010_2014011311294361c.jpg
ヤドリカニムシ科 Chernetidae sp.
11 Jan. 2014. 長野県松本市

いつも行く谷には必ずカニムシがいる木がある。この木の樹皮を少し捲ると、5分もあれば3~4個体はこのカニムシが見つかります。体長は3mm程でカニムシの仲間の中では大きいので写真も撮りやすいです。こいつら自身は翅もなくて移動分散能力が極めて低いですが、他の昆虫や動物にくっついて (他の動物を乗り物として利用して) 比較的長距離の移動分散をしているのではないかと思われます。実際に東南アジアに分布している、オオコウモリに寄生する吸血性のハエ類 (宿主特異性有) は、翅がないにもかかわらず、オオコウモリが移動分散する島間を同じように移動しているような結果が遺伝子解析から出ています (Olival et al., 2013)。この他にも翅のないカマバチは幼虫期にウンカに寄生することで移動分散しているようですし、同じような生態的特徴をもつ種は同様の現象が起きていると考えられます。このような生態と遺伝的構造を絡めた研究はなかなか楽しいと思います。ただ、このようなアプローチは宿主特異性がある程度明確になっていないと難しいけど。

Olival1 KJ, Dick CW, Simmons NB, Morales JC, Melnick DJ, Dittmar K, Perkins SL, Daszak P, DeSalle R. 2013. Lack of population genetic structure and host specificity in the bat fly, Cyclopodia horsfieldi, across species of Pteropus bats in Southeast Asia. Parasites & vectors 6:231.

We can smell the sea.



PICT0035_20131007160032704.jpg
コイソカニムシ Nipponogarypus enoshimaensis
3 Oct. 2013. 長崎県対馬市

対馬のとある海岸ではコイソカニムシが大量にいた。つやつやしててなかなか可愛い。

Meeting again


カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
16 Jun. 2013. 長野県松本市

久々のカニムシ!
これは某大学の先生にサンプルとして提供させていただきました。

ところでカニムシが他の昆虫にしがみついてるところって見たことが無い…いろいろなブログの写真を見ていると、たまにハエ類などの足にしがみついたカニムシを目にしますが、僕は実際にはまだ見たことがありません。ぜひ見てみたいところなのですが…まだまだ見つける観察力がついていないのかなぁ。

Friend


カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
25 Mar. 2013. 長野県松本市

大学構内のケヤキの樹皮下で採集したカニムシ。採集時にカメラを持っていなかったので、自分のデスクの上で撮影。いつもの谷で見る種類はスギの樹皮下にいて、外見も明らかに異なるので間違いなく別種です。2個体撮れたので先日、最近カニムシの同定にハマっているらしい友人で 「IM」 という素敵ブログの管理人ジークさん (…ハマってるっていうか仕事なのか?) にいつもの谷で捕った種類と一緒に送付しました。何か分かったら教えてね! (笑)

>ジークさん
勝手にブログ紹介しちゃいましたー
ついでに、いまさらですがリンク張らせてもらいます!
いや、張らせていただきました!(事後報告)

Retry/The World



PICT0108_20130309123445.jpg
カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
9 Mar. 2013. 長野県松本市

2倍テレコンとストロボを使って取り直したかったもの。綺麗に撮れて大満足です!でも、やっぱりまだ練習が必要かな。もっと綺麗に撮れるはず。

--------------------------------------

で…やっぱりやってみたかったのはこれ。
昨日、やってやりましたよ…

走査型電子顕微鏡
Scanning Electron Microscope

SEMで撮ってみた!

SEM0.jpg

ひとまず全体像を…と思ったら入りきらないや。右の触肢はあきらめた。ポスター風に少しアレンジ。
次に口器を見てみよう…

SEM2.jpg
Bar=100μm

まず背面から…ほぉ。こんな風になっているのね。鋏角が素敵だー。

SEM3.jpg
Bar=100μm

どれどれ、別個体の口器を腹面から。ちょっと壊れてしまっているけど、鋏角の内側が櫛状になってるのが分かります。MEN IN BLACK の敵キャラとかで出てきそうな口してます。

SEM4.jpg
Bar=100μm

歩脚の先端はこんな風になっていたのね。爪が小さい。

SEM5.jpg
Bar=300μm

SEM6.jpg
Bar=100μm

鋏はこんな感じ。小さくて規則正しく並んでいるのを縁歯っていうのかな?そんで先端にあるデカいのが毒牙??

ちなみに、一眼レフで撮った個体と、SEMで背面から撮った個体と、腹面や付属肢を撮った個体で3個体を観察してます。もしかしたら別種なのかも…まぁ、少なくともパッと見の外部形態では違いは見つかりませんでした。

完全に趣味でSEMを使っちゃった。
完成した試料は来年度の学生実習のデモで使います。

そして…なんかやはり、SEMよりも生態写真の方がいいな (ここまでやっておいて酷い)。

I tried again.


カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
2 Mar. 2013. 長野県松本市

 先日のカニムシとは別種のカニムシの仲間。今回の方がとても小さくて、1.5mmくらいしかなかったです。やっぱり頑張って自然光撮影。

 さて、明日の写真からは装備を新たにしたので、これまでとは一味違う写真をアップしていける…かもしれないです。まぁ、見てやってください。

False Scorpion!!


カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
17 Feb. 2013. 長野県松本市

 最近、いつもチェックしているブログに結構な頻度で登場するカニムシ。僕も撮ってみたいと思っていつもの谷で針葉樹の樹皮を剥がして探してみたら、10分くらいで見つかりました。わりと大きな個体で、3mmくらいはあったかな。実際に生きている個体を見つけたのは初めてだったので、かなりテンションが上がって撮影開始。…ただ、やはり内蔵ストロボだけだと装備不足であることを痛感した気分でした。結局、上の写真も自然光で撮影。僕の持っているレンズの最大倍率は1.0倍。3mmの大きさを十分な迫力で撮ることはできませんでした…小さいなぁ。


PICT0154.jpg
カニムシ目 Pseudoscorpionida sp.
17 Feb. 2013. 長野県松本市

 できるだけ日当たりの良い明るい場所に移動させて撮ってもこの程度。まぁ、実験室に持って帰ってくれば顕微鏡写真や電子顕微鏡 (SEM) なんていう荒技を使うこともできますが…なんだかなぁ。テレコンと外部ストロボが必要かなぁ。
PROFILE

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ

HP: MAGNIFYING GLASS
2015年5月2日開設

※画像の無断複写・転載を禁じます。
写真の使用に関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

E-mail:
10.3.t.suzuki@gmail.com


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER