FC2ブログ

ヒナカマキリ

ヒナカマキリ Amantis nawai
Amantis nawai
18 Sep. 2015. Kashima, Saga.
SONY α77, MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8, ISO320, F9, SS1/60

日本産カマキリ類で唯一無翅のヒナカマキリ。初見でした。
昨日掲載したイシノミを採集した場所で後輩が見つけてくれました。
見つけた場所は植林の針葉樹が多く、沢沿いのジメジメした場所。
もっと落葉広葉樹が多い場所にいると思っていましたが、こんな場所にもいるのですね。

ヒナカマキリ Amantis nawai 2
Amantis nawai
SONY α77, MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8, ISO320, F14, SS1/60

白バックでも撮ってみました。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

大蟷螂

1176.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia
31 Aug. 2014. Matsumoto, Nagano.

研究室の後輩がカマキリを材料にして研究を行っています。ウスバカマキリを初めて見せてもらいましたが、なかなか美しいカマキリでした。いつか自分でも写真を撮ってみたい。今日の写真は普通のオオカマキリです。

小さなハンター

1100.jpg
Mantodea sp.
1 Jun, 2014. Matsumoto, Nagano.

オオカマキリ Tenodera aridifolia の一齢幼虫だと思います。そこら中にわらわらといましたが、成虫になれるのは一握り。

ハラビロカマキリの幼虫


ハラビロカマキリ Hierodula patellifera
24 Feb. 2014. 沖縄県石垣市

研究室のある松本ではいまだに雪が残っており、カマキリはまだまだ越冬中ですが、石垣島では終齢幼虫がいました。真冬でも最低気温がおよそ15℃の石垣島では越冬する必要性がないのでしょう。この個体の他にオオカマキリの成虫も発見しました。成虫はボロボロだったので、去年の夏から生き残っていたのだと思いますが。うちの研究室でカマキリを研究対象にしている学部生に「成虫がいたよ」と話したらビックリしていました。彼は現在、冬のうちに各地から集めてきたカマキリ類の卵鞘をインキュベートして孵化させ、遺伝子解析をしようとしているのですが、先日ひとつの卵鞘からカマキリの幼虫が孵化してきていました。生きもの好きならもしかしたら一度はやったことがあるかもしれませんが、カマキリの幼虫は一斉に孵化してきますので、なんかもうもの凄いカオスです。

Praying Mantis

PICT0058 (5)
カマキリ目 Mantodea sp.
9 Jul. 2013. Yeongweol, Gangwon-do

「ヤー」ってやってるみたいね。

PICT0054 (6)
カマキリ目 Mantodea sp.
9 Jul. 2013. Yeongweol, Gangwon-do

今度、新しく研究室配属になる学部3年生がカマキリを研究対象にするらしく、韓国でも数ヵ所で採集してきました。

Ootheca


オオカマキリ Tenodera aridifolia
17 Feb. 2013. 長野県松本市

 春には子どもたちが大量に出てきます。一度、カマキリの孵化も撮ってみたいなぁ。

Hiding Place


コカマキリ Statilia maculata
30 Jan. 2013. 長野県松本市

 木の皮をめくろうとしたら、こんなところにコカマキリの卵鞘が。

BABY 4


オオカマキリ Tenodera aridifolia
3 Jun. 2012. 長野県松本市

 カマキリの幼虫もたくさん目にするようになってきました。暑い (熱い?) 季節がやってまいります。

Are you alright?


コカマキリ Statilia maculata
28 Jan. 2012. 長野県松本市

 卵鞘の上にだいぶ積もってますね。しかもここは山の斜面の北側…凍りそうだけど、大丈夫なのか?

Endure in The Frozen Season


オオカマキリ Tenodera aridifolia
7 Jan. 2012. 長野県松本市

 年末に東京で撮ったハラビロカマキリの卵鞘とは比べ物にならない寒さから卵を守る、松本のオオカマキリの卵鞘。最近はとにかく寒いです。松本盆地は周りの山々に雨雲・雪雲が引っかかるため、年間を通して雨・雪が少なく (とは言っても雪が舞って山には積もりますが) とても乾燥しているので、寒さが痛いです。でも飼っている魚やサンショウウオのために餌を捕らないといけないので、この前は大学の横を流れる川に入ってカワゲラやらカゲロウやらの幼虫を捕っていたのですが…寒くて手が痛いのは普通なんですが、あまりの寒さに川から上げた網が数秒で凍ってました。せっかく捕った餌まで凍ってしまうという、なんてこったって状況。まぁ、仕方ないので頑張って、網の中のものが凍る前に素早くバケツに移しました。
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ
博士 (理学)

昆虫類の分子系統地理や種分化などについて研究しています。週末は山にいることが多いです。ここではほとんど山や生きものの写真を掲載します。たまに研究の話しも書く予定です。

HP: TOMOYA SUZUKI WEBSITE
2015年5月2日開設

研究内容や写真使用の問い合わせに関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。
※画像の無断複写・転載を禁じます。

E-mail:
suzuki_t(a)shinshu-u.ac.jp (UNIVERSITY)
10.3.t.suzuki(a)gmail.com (PRIVATE)


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
TAGS

北アルプス 山行記録  サンプリング紀行 Mecoptera 上高地 槍ヶ岳 東北 日本百名山 コマクサ 並行進化 分子系統解析 論文 鳥取砂丘 中国地方 Coleoptera Orthoptera Hemiptera 燕岳 錦帯橋 Ephemeroptera クモ類 ノビタキ 九州 四国 焼岳 シリアゲムシ 通潤橋 足摺岬 コオイムシ イシノミ 冬山 ライチョウ 草原 霧ヶ峰 シリアゲモドキ 踊場湿原 涸沢 島々谷 渓谷 紅葉 鳥海山 

COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER