FC2ブログ

小さなトビケラ


Apatania sp.
17 Dec. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO125, F5.6, SS1/250秒

湧水の流れる水路の岸で撮影。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

トビケラの仲間


Trichoptera sp.
27 Mar. 2016. Uken, Kagoshima (Amami-Oshima Island).
SONY α77 II, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/50秒

HP開設 MAGNIFYING GLASS

金色に輝く翅毛


Trichoptera sp.
12 Mar. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α700, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO320, F11, SS1/60秒

イノプスヤマトビケラ Glossosoma ussuricum…?自信がありません。。。
金色に光る翅毛が印象的で美しい種でした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS


Hydroptila sp.
21 Feb. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F11, SS1/125秒

ヒメトビケラ Hydroptila 属の仲間。ヒメトビケラ科 Hydroptilidae, ヒメトビケラ亜科 Hydroptilinae。日本からは8種が記録されていて、いずれも微小種。どの種も触角が短めで翅の毛がもふもふ、とても可愛らしいです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

早春のトビケラ


Apatania sp.
21 Feb. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F3.5, SS1/640秒

湧水で撮影したコエグリトビケラ Apatania 属の仲間。2015年6月25日にも別の湧水で撮影しています。日本からは14種記録されていますが、未記載種が多数存在することが指摘されており、分類学的な再検討が必要であるとされています。本州ではヒラタコエグリトビケラ Apatania aberrans が普通。ヒラタコエグリトビケラ A. aberrans は早春と秋に羽化するそうですので、今回撮影した種もヒラタコエグリトビケラ A. aberrans だろうか。もうすぐ春ですね。

DSC09093.jpg
Apatania sp.
21 Feb. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F11, SS1/125秒

同個体を少しだけアップで。渋い。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

オンダケトビケラ

オンダケトビケラ Pseudostenophylax ondakensis
Pseudostenophylax ondakensis
23 Aug. 2015. Matsumoto, Nagano (Kamikochi).
SONY α77, MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8, ISO250, F11, SS1/60

岳沢登山道で見つけたオンダケトビケラのメス。灯火やスイーピングではなく、自然状態で見つけられたのは初めてでした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

コエグリトビケラ属の一種


Apatania sp.
25 Jun. 2015. Matsumoto, Nagano.

種類もわからずに写真を撮ったのですが「Apatania では?」と教えていただきました。日本産のコエグリトビケラ属は15種ほど。体サイズが小さいこの手の種群はまだまだ未記載種もいるかもしれない…?

HP開設 MAGNIFYING GLASS

ヒガナガカワトビケラ


Stenopsyche marmorata
18 Apr. 2015. Azumino, Nagano.

久々に昆虫の写真です。安曇野にて。

紅葉と飛螻蛄


Nothopsyche sp.
4 Nov. 2014. Matsumoto, Nagano.

たぶんヤマガタトビイロトビケラ Nothopsyche yamagataensis なのではないかと思うのですが…とにかく綺麗だったので撮りました。
Nothopsyche yamagataensis...? Awesome color.

冬の蛍


ヤマガタトビイロトビケラ Nothopsyche yamagataensis
11 Oct. 2014. Matsumoto, Nagano.

秋から冬にかけて成虫になるトビケラ。なかなか綺麗な体色ですね。胸部のオレンジが目立ちます。
This trichopteran insects emerges from autumn to winter. Awesome body color, beautiful orange thorax.

追記, 30 Oct. 2014.
トビケラ研究者の方から「ホタルトビケラではなくヤマガタトビイロトビケラでは?」というご指摘を頂きました。ありがとうございます。修正させて頂きました。
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ
博士 (理学)

昆虫類の分子系統地理や種分化などについて研究しています。週末は山にいることが多いです。ここではほとんど山や生きものの写真を掲載します。たまに研究の話しも書く予定です。

HP: TOMOYA SUZUKI WEBSITE
2015年5月2日開設

研究内容や写真使用の問い合わせに関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。
※画像の無断複写・転載を禁じます。

E-mail:
suzuki_t(a)shinshu-u.ac.jp (UNIVERSITY)
10.3.t.suzuki(a)gmail.com (PRIVATE)


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
TAGS

北アルプス 山行記録  Mecoptera サンプリング紀行 東北 日本百名山 槍ヶ岳 上高地 Ephemeroptera 錦帯橋 鳥取砂丘 論文 Hemiptera Orthoptera 並行進化 中国地方 クモ類 Coleoptera コマクサ 紅葉 涸沢 渓谷 島々谷 冬山 ライチョウ 踊場湿原 草原 燕岳 焼岳 鳥海山 ノビタキ 霧ヶ峰 分子系統解析 

COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER