落葉の上に


Hymenoptera sp.
23 Nov. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO250, F11, SS1/60秒

HP開設 MAGNIFYING GLASS

シルエット


Aphaenogaster famelica
9 Oct. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO800, F13, SS1/50秒

アシナガアリ

写真を撮ろうとしたら、すっと落ち葉の隙間に隠れた。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

また来年


Bombus consobrinus
3 Sep. 2016. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO250, F11, SS1/125秒

ナガマルハナバチ

シリアゲムシ類の撮影で上高地へ行ってみましたが、今年は季節の巡りが早くてすでに成虫は終わっていました。ということで今年はシリアゲムシの撮影は終了です。来シーズンもまた撮影していない種類を求めて日本中を旅します。しかしシリアゲムシはいなくとも、秋冬も山に行ってたくさんの自然・動植物を撮影していく予定です。今日の写真はトリカブトに訪花したナガマルハナバチ。花に頭を突っ込んでいるところにピントを合わせて、出てきた瞬間にシャッターを押して飛翔中の写真を撮ってみました。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

ちょっと休憩


Hymenoptera sp.
2 Jul. 2016. Itoigawa, Niigata.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F11, SS1/60秒

ここ数日は結構ハードでした。6月30日は夜のホタル撮影・写真編集で夜中1時に就寝、翌日は朝5時起床で東京へ移動して父と一緒にガガンボモドキ撮影、そして東京から帰ってきて再び夜のホタル撮影・写真編集で夜中1時に就寝、その翌日はやっぱり朝5時起床で新潟県糸魚川市へ行ってババツマグロシリアゲの撮影、そして今日は午前中はホームページなどの更新をして午後から美ヶ原で撮影。それぞれ成果があったのでよかったです。でも合間になんでもないものを撮ったりして息抜きをしながらやらないと息切れしてしまいます。糸魚川市でなかなか見つからないババツマグロシリアゲを探してクタクタになっていたときに葉の向こうから顔を出したハチの仲間。種類はわかりませんが、癒やされました。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

クモの巣に掛かった獲物を横取りするアリ


Myrmica sp.
28 May. 2016. Azumino, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F11, SS1/60秒

シワクシケアリの仲間がクモの巣に掛かっていた獲物を横取りしようとしていました。こんなことは普通にあるのだろうか…?僕は初めて見たのでちょっと驚きました。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

狩人


Auplopus sp.
1 May. 2016. Ishigaki, Okinawa.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO400, F8, SS1/60秒

石垣島でよく見かけたヒメクモバチ属の仲間。於茂登岳の登山道で捕らえたクモを運んでいる個体を見つけました。運びやすいようにクモの脚を切断してあります。このあとクモを泥で作ってある巣に持ち帰り、卵を産み付け、巣の中で孵化した幼虫はクモを食べて成長します。また、ヒメクモバチ属の仲間は営巣行動が多様らしく、分類の再検討の余地があるようです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

ツマグロオナガバチ

ツマグロオナガバチ Epirhyssa nigristigma
Epirhyssa nigristigma
9 Aug. 2015. Nikaho, Akita.

産卵中のツマグロオナガバチ。カミキリムシ類やキバチ類に寄生する寄生蜂です。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

きのことあり

きのことあり
4 Jul. 2015. Sakuho, Nagano.

アリはシワクシケアリだろうか?キノコの方を撮ろうとしたらてくてくと歩いてきました。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

ヤマトアシナガアリ

ヤマトアシナガアリAphaenogaster japonica
Aphaenogaster japonica
27 Jun. 2015. Matsumoto, Nagano.

細身できれいなアリ。北海道から九州まで広く分布しているようです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

ウマノオバチ


Euurobracon yokohamae
23 May. 2015. Matsumoto, Nagano.

とても長い産卵管をもっているウマノオバチのメス。初めて実物を見ましたが、本当に驚くほど長い産卵管です。この長い産卵管でカミキリムシの幼虫に産卵する寄生蜂で、生息地が局所的で発生時期も短いのだそうです。

HP開設 MAGNIFYING GLASS
PROFILE

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ

HP: MAGNIFYING GLASS
2015年5月2日開設

※画像の無断複写・転載を禁じます。
写真の使用に関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

E-mail:
10.3.t.suzuki@gmail.com


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER