キナバル山行記①

そろそろ年末年始に出かけたキナバルの記事を書いておこうと思います。今回は前編。

昨年12月29日に羽田空港を発ち、クアラルンプール経由で翌30日にコタキナバルへ到着。生き物好きなら誰もが聞いたことのある島、ボルネオに初めて足を踏み入れました。今回はキナバル登山が目的だったのでジャングルの生き物たちをじっくり見られなかったのが残念でしたが、その片鱗は垣間見ることができました。

コタキナバルに着いた初日はコタキナバル市街のホテルに宿泊。日本を出発した日、松本市の朝の気温は-7℃でしたが、コタキナバルに着いたら30℃近くて湿度もかなり高かったです。さすが赤道直下。写真を撮ってGPSを確認したら、北緯6°でちょっと感動しました。街はクリスマスの飾りがそのままになっていて、新年もクリスマス雰囲気のままなだれ込むようです。マレーシアは新年はそこまで大きなお祝い事などはなく、旧正月の方が盛大なお祝いをするのだとガイドの方から教えていただきました。

コタキナバルに着いた翌日は、午前中のうちにキナバル山の標高1,500m付近にあるキナバル公園に移動。この日は公園入り口付近にある事務所で入山手続きなどを済ませ、公園内にあるロッジに宿泊しました。標高1,500mとは言えさすが赤道直下、遊歩道を歩くとそこはまさにジャングルでした。

DSC00345.jpg
年末なのに活動していたヒラタクワガタの仲間
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F11, SS1/50秒

DSC00441.jpg
日本では見ない配色のバッタ
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F11, SS1/50秒

DSC00449.jpg
独特な縞模様のツユムシの仲間の幼虫
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F11, SS1/50秒

DSC00568.jpg
これも日本では見ない配色のナナフシの仲間
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F11, SS1/40秒

ここを少し歩くだけでもたくさんの鳥や昆虫に逢うことができました。できればもう少しゆっくりじっくり歩きたかった…また次回以降のお楽しみです。植物で特に目立ったのはランの仲間の多様性。本当に多様な種類がありました。

以下、全てランの仲間
1899.jpg
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO100, F11, SS1/50秒

DSC00562_201802141304454b0.jpg
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO160, F5.6, SS1/200秒

DSC00543.jpg
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO160, F11, SS1/80秒

こちらはシュウカイドウ科の仲間のようです。
DSC00548 2
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO160, F11, SS1/80秒

昆虫も年末年始とは思えない賑やかさ。日本では見ない派手さは熱帯地域の魅力の一つですね。日本にも南西諸島に分布しているシュモクバエの仲間ですが、ボルネオのシュモクバエは大きかったです。南西諸島の種類の5倍くらい大きかったように思います。この日の最後には体が緑がかったナメクジも見ることができました。

DSC00529.jpg
大きなシュモクバエの仲間
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO160, F11, SS1/50秒

DSC00576.jpg
鮮やかなナメクジ
31 Dec. 2017. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO200, F11, SS1/40秒

そして公園内のロッジに泊まった翌日、元旦の朝に見えたキナバル山の全貌。

DSC00530.jpg
1 Jan. 2018. Sabah, Malaysia (Kinabalu Park).
SONY α77 II, SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA, ISO400, F9, SS1/40秒

この日、いよいよ標高4,095.2mの山頂を目指して登山開始です。(後編へつづく)

HP開設 MAGNIFYING GLASS

朝の探鳥


Passer montanus
14 Jan. 2018. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO200, F5.6, SS1/1000秒

DSC01840.jpg
Passer montanus
14 Jan. 2018. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO200, F5.6, SS1/160秒

キナバルの記事はただいま準備中なので、今朝撮った写真を。自宅周りの水田がある道を散歩すると、結構たくさんの鳥が飛んでいることに気づきます。スズメはどこにでもいる鳥ではありますが、群を成して一気に飛び立つ時はなかなか迫力のある音がして驚きますね。

DSC01615.jpg
Bombycilla japonica
14 Jan. 2018. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO200, F7.1, SS1/500秒

DSC02113.jpg
Bombycilla japonica
14 Jan. 2018. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO200, F5.6, SS1/400秒

DSC01979.jpg
Bombycilla japonica
14 Jan. 2018. Matsumoto, Nagano.
SONY α77 II, SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II, ISO200, F5.6, SS1/800秒

それから今朝は、ここ数年ずっと撮ってみたいと思っていたヒレンジャクにも出逢うことができました。神社の御神木の高い位置に付いているヤドリギの黄色い実を啄んでいたので納得のいく写真は撮れませんでしたが、初めてファインダー越しに捉えることができてちょっと嬉しかったです。

Searching for birds in morning. There are many encounters.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

謹賀新年


2 Jan. 2018. Ranau, Sabah, Malaysia (Mt. Kinabalu).
SONY α77 II, SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA, ISO500, F11, SS1/400秒

かなり遅れましたが新年明けましておめでとうございます。
年末年始は東南アジア最高峰のキナバル山 (標高4,095.2m) に登ってきました。登山中は少し雨に降られたりしましたが、山頂では最高の景色を拝むことができました。キナバルでの写真は追々アップしていく予定です。

Happy new year. We spent new year at Mt. Kinabalu, Borneo Island, Malaysia. It was very awesome!

HP開設 MAGNIFYING GLASS

雪の王ヶ頭


9 Dec. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO200, F20, SS1/160秒

DSC07249.jpg
9 Dec. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO200, F20, SS1/320秒

先週末、少しだけ王ヶ頭 (美ヶ原) に行ってきました。気温は-1℃でそこまで下がっていなかったのですが、高原に着くととにかく風が強くて大変でした。体感気温は-10℃くらいになっていたかもしれません。しかし前日に降った新雪がとても綺麗でした。

There was very cold and blowing a strong wind, but it was a awesome view.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

もうすぐ冬


Chrysopidae sp.
19 Nov. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α77, SONY 50mm F2.8 Macro, ISO250, F11, SS1/50秒

久しぶりに裏山へ。
虫たちは冬支度を始めていました。
写真はクサカゲロウ類の幼虫。

Winter is right around the corner.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

清流

1894.jpg
3 Nov. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F22, SS2秒

DSC07194.jpg
3 Nov. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F22, SS2.5秒

先日の上高地調査にて。
目的のものは拝めず…しかしとても綺麗でした。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

あっという間に…


24 Sep. 2017. Komagane, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO200, F14, SS1/250秒

10月は怒濤のように過ぎ去ってしまいました。
本当にあっという間。研究会、国内サンプリング、海外サンプリング、その合間に科研費申請〆切など、バタバタしていましたが無事に乗り切りました。
今月末からは講義があるので、その準備もしなければいけませんが、ひとまず論文執筆に取りかかりたいところです。

写真は9月に撮った初秋の千畳敷カール。
久しく山も登っていないなぁ。

HP開設 MAGNIFYING GLASS

蝶ヶ岳へ

この週末は最高の秋晴れで、北アルプスは多くの登山客で賑わっていたようです。
僕は日曜日の朝早くに出発して蝶ヶ岳へ。


1 Oct. 2017. Azumino, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F11, SS1/160秒

蝶ヶ岳の稜線からは期待通りの綺麗な景色を拝むことができました。手前に穂高連峰、梓川をはさんで向かい側に霞沢岳、奥には焼岳と乗鞍岳。写真には写っていませんが御嶽山も見事に見えました。稜線上はやや風が強く、立ち止まると少し寒く感じましたが、歩くと日差しが暑いくらいで気持ちが良かったです。

DSC07033.jpg
1 Oct. 2017. Azumino, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F11, SS1/160秒

そして稜線の反対側を見れば今度は松本盆地、美ヶ原、八ヶ岳、浅間山系とまさに360度の大展望でした。ここまで来るのに三股の登山口から約4時間。結構疲れましたがこの景色を見ると疲れも忘れます。

DSC07068.jpg
1 Oct. 2017. Azumino, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F11, SS1/100秒

穂高連峰の北にはもちろん槍ヶ岳。梓川源流の沢筋が見えます。

DSC07078.jpg
1 Oct. 2017. Azumino, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO100, F11, SS1/100秒

最後に槍ヶ岳〜穂高連峰。

最近、山の写真ばかりですが、土曜日は角間渓谷に昆虫探しにも行ったのでそのうちそちらの写真もアップします。

We climbed the Mt. Cho-ga-take, yesterday. There was a awsome place.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

あ、くま


Ursus thibetanus japonicus
27 Aug. 2017. Matsumoto, Nagano.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO1000, F13, SS1/500秒

先月末、焼岳に登って下山するとき、標高2,000m付近の登山道脇でニホンツキノワグマを見つけました。あちらは一生懸命地面を舐めていて (アリを食べていた?)、こちらには全く無関心だったので持っていた広角で撮りました。この日は久々に登山だったので重い望遠を自宅に置いてきてしまったのが残念…。しかし行き交う登山者も多くて中にはしっかりクマ鈴を付けた方も居られましたが、くまさんは全く気にしていませんでした。そしてクマに気づいたのも僕らだけ。あんまり派手に写真を撮っていると周りも気づいてしまうと思って、少し撮影したらすぐに撤収。そのタイミングであちらも茂みの奥へと消えていきました。

A Japanese black bear, in 2,000m altitude of the Mt. Yake-dake. Probably this bear was eating ants.

HP開設 MAGNIFYING GLASS

雲の上へ…


14 Sep. 2017. Takayama, Gifu.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO320, F3.5, SS1/8000秒

いつもは関東平野で学んでいる学生さん達を連れて標高2,700mの乗鞍の畳平と標高2,800mの富士見岳へ。

1890_3.jpg
14 Sep. 2017. Takayama, Gifu.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO320, F11, SS1/500秒

1890_2.jpg
14 Sep. 2017. Takayama, Gifu.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO320, F11, SS1/200秒

畳平の遊歩道。

1890_4.jpg
Nucifraga caryocatactes
14 Sep. 2017. Takayama, Gifu.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO320, F3.5, SS1/3200秒

乗鞍のハイマツ帯にはたくさんのホシガラスが飛んでしました。

1890_5.jpg
14 Sep. 2017. Takayama, Gifu.
SONY α99, SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II, ISO320, F20, SS1/125秒

富士見岳。

The memorys.

HP開設 MAGNIFYING GLASS
PROFILE

Tomoya SUZUKI

Author:Tomoya SUZUKI
1985年10月生まれ

HP: MAGNIFYING GLASS
2015年5月2日開設

※画像の無断複写・転載を禁じます。
写真の使用に関しましてはメールまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

E-mail:
10.3.t.suzuki@gmail.com


現在使用中のカメラ
SONY α77
SONY α77 II
SONY α99

これまでに使用したカメラ
SONY α700
KONICA MINOLTA α7 DIGITAL

現在使用中のレンズ
SONY 50mm F2.8 Macro
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

これまでに使用したレンズ
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8
MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5
MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
Kenko α-AF 2X TELEPLUS MC7

LATEST ARTICLES
COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER